相場の潮目が変わったように見える

ダウ、日経平均、SP500の月足を見ているが、完全に潮目が変わったとみている。

今までは上でも下でもないという見通しだったが、今は上はない。下か可能性は低いが横という見方に変わっている。

 

特にSP500とダウはわかりやすいが2000年初頭や2008ア年のリーマンショックブラックマンデーの動きに似ている。

 

抽象的に言うなら月足レベルの強い上昇トレンドが否定された状態とみている。違う観点でいうならば短期MAを抜けて中期MAで跳ね返されてまた、短期MAで否定されて中期MAを抜いた状態。これらの動きはなにも暴落とかだけで起きtれいるわけでなくて週足、日足、時間足でも起きているフラクタルな現象。

 

時期的にも不動産価格、債券価格や、きな臭い「ファンダメンタル」の言い訳も出そろってきたし、下がるかはわからないけど少なくとも警戒はしたほうがいいと思う。

 

私自身は個別株の買いポジションを利確してベア型のETNや債権に切り替え始めている。

 

もちろん、日経とかが弱いからとかそれだけの理由でなくてチャート的にいい形だからというのが主である。

 

また、個別株自体はしばらく触らない予定である。ただ、下げてきたら買いたいのはかなりあるので数年後くらいから底ねりを始めたら買い集めていこうと思う。それまでは上記のベア型の銘柄に加えて10~20%くらいの資金で数か月単位で短期的に逆張り的に強い銘柄を仕掛けようと思う。ただ、厳しいようなら債券でインカムゲインキャピタルゲインを得ながら、不動産とかの現物資産の頭金に回せるよう名体制にしようと考えている。

 

また、ここでも大きくは張らないつもりである。淡々といつも通りにいつものポジションサイズでいつもと同じことをsるつ折りである。結果的に、言い値幅を取ることができればと考えている。

 

現状はまだ、分からないから妄想で終わるかもだが。

個別株市場を「損切」

fxは国内口座だと滑りまくること、海外口座だと出金が拒否されることから株式に移行していました。

 

カブシキはfxよりも難しい相場だったので、丁寧に取ることを意識して挑んでいました。しかし、銘柄数が多すぎて監視が追い付かず、結果丁寧に拾えず、この前の下げでとられ、8%程度の損失を出してしまいました。

 

このトレードはいいものもあれば悪いものもあるといった感じで丁寧にやれば仕掛けない箇所も多かったですし、株式特有の注文方法のミスによる損失も多かったです。

 

これらを改善することは容易ですが、どちらも手間がかかりすぎるので個別株から引退することにしました。

 

次の相場はETFにしました。ETFはfxと同様にまぁまぁ厚い相場なので難易度は下がります。さらに丁寧に取れば勝率も上がります。エントリー頻度は下がりますが、銘柄数がxとは段違いなのでとれます。また、スクリーニングも株式に比べれば少なく、fxと違い日足でなく週足で仕掛けるので十分に出kる範囲でd素。

 

さらに並行してfxも戻そうと考えています。fxの最大のリスクは滑りです。とりあえず、資産の10%程度の入金に抑えて、大した額は張らない予定です。

 

fxはやりやすい相場ではありますが安全性という観点では懐疑的なので。

 

ETFもチャートだけ見ればそんなに難しい相場だとは思えません(FXと同じ感覚で行けるというだけでなめているわけではない)が注文方法だとか信託報酬だとか注文の厚さだとかいろいろと気にするべきパラメータがあるので適度にならしていきます。

 

だめならばfxに戻すしかありませんがその場合も資金は50%くらいに抑えてやるので願わくばetfで何とかしたいです。

fxを引退

fxを引退した。

 

理由としてはこのままやると最終的に0になると思ったから。

 

こういう風に書いたが別に負け続けているわけではない。むしろ勝率6~70%でリスクリワード1~2でとれていたので、利は乗っていた。

 

ではなぜやめたか。答えはスリッページと出金拒否にある。

 

私は以前海外口座を使っていた時期があったが出金ができなくなった時期があった。最終的にはできなかったので、まぁいいかということで溶かしてしまったが。大した額ではなかったので、別にいいが、そういうことをされても文句言えない不安定さを嫌いつかいたくない。

 

なので、最近は、国内講座を使ったいる。具体的にはヒロセを使ったいる。

前まではsbifxを使っていあtが、これに比べりゃまぁまぁましだが、それでも滑りまくる。私はスイングでやるから問題ないだろうと他かをくくっていたが、最近は、20pipsくらいとぶこともあるし、板が薄いからか知らんが買いの指値がaskk値に到達しているにもかかわらず約定しないことが何回かあった。

 

こういう風に胴元で色々やられてしまっては最終的に理由をつけてむしられるのが見えている。

 

むしられるシナリオとしては、一気に根が動くとき、なんとかショックと呼ばれる事態が起きた際にめちゃくちゃに滑らせて狩るのが目に見えている。しかもどうせ上下に狩るんだろうというのが、この会社などの秒足を観察していて感じた。

 

なので、いくら勝てる仕組みがあっても勝ち続けるのは無理だと感じたので、やめた。買っていてから、それを無にされるのはダメージが大きすぎるので。

 

最近は株式をやっている。私の手法はレンジを利用するので、株式のほうが実はリスクリワードも取れる。ただ、私は勝ち続けるk十を目的にしていたので、上昇相場だけでしかできない株式を毛嫌いしていた。(加工相場でも十分に勝てるし、そもそも上昇相場に乗らない潔癖さが今では意味不明だが)

 

株式は若干fxとは勝手が違う。具体的には約定がとても難しい。

 

国内fx口座は滑りまくるとはいえ、スイングで見る分には少なくともエントリーにおいてはそこまで変な値で約定することはなかった。ただ、株式では刺さらないことがよくある。根が飛ぶからだ。だからと言って成り行きで仕掛けるのは怖すぎるのでやりたくない。

 

なので、この約定の技術を磨く必要がある。ただし、9じくらいに板をみれないので、結局約定できるかは運に頼らざるを得ないと思う。

 

だから、取引を分散させて、1っ回あたりのトレードの重さを少なくすることで何とかしようと考えている。

 

また、株式の面白さは、急に根が動くと個にもあると思う。fx以上に急なトレンドがとがめられることなく続くので、そこはかなり面白いと思う。

日経平均が下げていますが

首相が変わったからだとか原油価格が上がったからだとか増税するからだとかそういうもっともらしい理由で下がった原因を説明してくださる方が多い。

 

なんで増税するから株価が下がるのか、原油価格が上がるから株価が下がるか説明できるのかちゃんと説明できる方h少ない。

 

原油価格が上がるから企業活動に冷や水が入るという説明がある。

これはなるほど確かにと思う説明である。

 

では、原油価格が上がるから中東マネーが潤い、リスクオンになり、投資資金が増え株価が上がったという説明。これはどう思うだろうか。

そんなことありえないと今日のニュースに触れただけの被とは思うかもしれない。

だが、実際にこれもニュースとして言われたことがある。

もちろん、相場環境がリスクオンの「雰囲気」かどうかとかお金を持っている方々の懐事情で変わるのは事実ではあるのだが

 

では、原油価格が下がるとどうだろうか。

これは記憶に新しいが、3月くらいの原油先物がマイナスになったときなんかは原油価格が下がり経済が停滞し、株価が下げているというニュースが出ていた。

 

このようにニュースなんて、適当だ。現象をもっともらしく説明する以上の意味はない。それもそのはずで大衆向けに対して株価をニュースするのは大衆が興味があるからでその興味を満たすことが木t歴だからだ。したがって、正しい必要なんてない。

 

話が散らかったが、相場毛いのニュースなんかでトレードはしていけない。特に、やってはい行けないのは、ふたつある。

 

Aだからこういう現象が起きたというニュースを見て、Aの今後を予想し、それを根拠に仕掛けること。

 

ある関係者からの情報によるとBといううわさが出ている。だからこのBtoiu噂ということはこうなるはずだと予想してトレードすること

 

などだ。これらのトレードのうち、予測することは問題ないのだが、予測する対象が不確実であるため、再現性が得られず、ギャンブルになることが問題である。

 

今回、原油価格だとかで下がったというが、9/13州の週足とそれまでの環境により、310000円に到達するよりも前に27200-28000円の間で買いが入る可能性があるが少なくともその領域のうち、上限である28000円まで埋める確率は80%で27200円まで埋める確率は70%くらいあり、実際に28000円まで埋めた状態である。ただし、27200円までは70%の確率で埋める可能性があるが、現時点では、そこまで埋めるかどうかの確率は70%ではなくどの程度の確度で埋めるかは不明であるという言い方が正しいと私が説明するならばそうなる。

 

もちろん、これ以外の見方もあるが、こんな感じの見方のほうがいい感じになると思う。

投機は悪なのか?

投機は悪だという人が多い。少なくとも投機という行為に好意的な意見は聞いたことない。

 

そういう意見の論拠として、投機は、】ギャンブルだからというのが多いし、それ以外の理由を聞いたことがない。

 

投機がギャンブルというのが真であることが前提になっているがそれあ正しいのか?

 

私の意見としては、それは正しくないと思う。

私は、最近もてはやされている(大型株式の株式相場が良地合いのように見せかけることができるという見え透いた罠を基に証券会社がブームにして一般層をはめ込みたい)投資こそギャンブルだと思う。

 

そもそもギャンブルとはどういう意味で使っているのか?

不確実性の高い状態として大衆層は使っていると想定している(文脈的に)

 

そういう観点で見た時、投資はどう考えてもギャン部rだと思う。

だって、有利な値段になる可能性があるかなんて不確実だし、どこまでの値幅を狙うかも不確実だし、どの機関を狙うかも不確実。

 

何も定まっていない。仕掛けの論拠は「現在」を基に数字を見てもっともらしい想像をしてエントリーする。

これは普通にギャンブルでは

 

投機は、すべてア確定させてエントリーすることができ鵜r。投資もこれらの要素を確定させることはできるが、不確実な要因を基に規定する必要が出てくる。

 

もちろん、こういう規定できるとかそういう考えを持たないのがマスそうだし、投資をしていると思い込みたい層が自分を正当化するために言葉の聞こえが悪いギャンブルを自分はしていないということにしたいという理由なのはわかるが…

 

別に、投機をギャンブルだというのは構わないが(投機≒ギャンブル)、その理論なら投資もギャンブル(投資≒ギャンブル、少なくとも自分以外の不確実性のあるものに対しての投資)であることを意識しないといけニア。

 

私は、株式相場についてはテクニカル的に優位性を見出せて営内こともあり、

完全にアノマリー信者ですので、確率的に優位性をもってこの発言をするわけではないが、fxと同じ見方で見ると崩れかけているし、アノマリーの中でも最強の大統領任期の周期とかと組み合わせても今年は崩れるとみている。

 

これが一時的なものになるか、完全に崩れるかまでは知らんが、完全に崩れた時に、世間に対して文句を言うやつが増えるとみている。

 

みんなが進めている(ようにインフルエンサーが喧伝している)投資をやったん医損をした。儲かると言っていたのだから、自分は悪くないというやつ、もしくはそういう風に思い込み、世間に逆恨みするやつが確実に出てくる。

 

リーマンのころに相場をやっていなかったので、知りませんが今はもっと多くの人間が相場をやっていそうなので、そういった層が多く出てきそうで懸念している。特に米国株で懸念している。別に耐える握力があるとか、ドルコスト法で、売るときの相場状況がたまたまいいという幸運にかけている人ならいいと思いますが、たいていの人は下げに耐えられない。しかも過去の値動きと同じなら、円建てでやっていると中々に怖い動きをすると思うので、厳しいものがあると思う。

 

そうなったときにまた、投資が怖いもの→相場をやることが悪という流れになり、アベノミクス前みたいな流動性のない相場環境に戻るのではないかというのが怖いすね。

 

まぁ、私は、fx専門なので、いいのですが、

新手法完成

新手法が完成。

現在、日足でやっていることを週足で適応した。

 

合計で25pips/月取れる手法でエントリー頻度、ポジション保有期間的にサブで使うにはかなりいい手法。また、ドルストすべてで機能することが確認できているため日足と同様の運用が可能。

 

 

最近は、相場の検証もやっていないし、監視は日に3分で終わってしまう。

検証はしたいことがない。今の俺は手法を作るにあたり、芸術的な感性でt繰り上げた発見をいかに規定するかにしか興味がない。

 

だから、新たな手法のタネを見つけられずにいる。だからこそ、日足の手法を週足に適応するみたいな目新しさのないことでごまかしている。

 

また、芸術的な監視絵を磨くために商材を買いまくっている。俺のやり方は商材から作られたものではないし、俺以外にここに注目しているのは商材屋で見たことはない。

だからこそ、逆説的に商材屋の手法から学ぶことがあると考えている。

 

商材屋ははっきり言って検証が甘すぎるし、再現性が怪しいものが多い(そsもそも勝っているか怪しいが)。

 

だが、それでも学ぶものはあると考えている。

 

特に商材屋が大好きなトレンドだとかインジケータに関する手法に興味がある。

 

現在はトレンドはトレンドという観点ではないが、結果的にトレンドの波が取れている状態である。

トレンドをトレンドとして取るのは無理という結論に至っている。具体的に無理なところは利確。利確の規定が俺にはできなかった。商材屋の方々は基本、「裁量」がおおい。システムトレードだといってるのもいるが、俺から見れば全然規定していないし、「裁量」だろと突っ込みたくなるようなものばかりだ。

 

だが、学ぶ分には「裁量」で構わない。

 

商材屋の裁量手法は単体ではおそらく機能しないのでそれらのエッセンスを組み合わせることで、エッジを作れればと関上げている。

 

そして、規定して手法に仕上げようと関上げている。

 

 

 

 

 

デイトレ難しすぎ問題

 

デイトレ難しすぎませんか?

私はスイングしかやらないがスイングから見るとデイト絵は本当に難しく感じる。

 

スイングとデイトレの違い

 

・スイングは損切が甘くても許される

・エントリータイミングがシビア

・複数足を見てやらないといけない

・再現性高くエントリーできない

(かいあしの汚さや上位足の関係性を考えないといけないため)

 

他にもまだまだありますがここら辺が違いと思っています。

 

なかでも再現性高くエントリーできないというのが私のとってデイトレを難しくしています。

 

私は、エントリーから損切、利確をすべて再現性良くできないと意味がないと思っています。そうしないと長期的な優位性が本当にあるか判断できないし、リスクも読めないので

 

デイトレをやっている人は芸術家気質の方が多いと思います(誉め言葉です。私は才能がないので、芸術的な感性がないので)

私は、芸術家的な感性がないので、芸術的直観(だいたいどうすればエントリーするかという概念)を基に一回一回をうまくエントリーするというやり方ができない。

 

私は、エントリーはチャートをパッと見て、数秒でいけるか判断できるくらいまで落とさないとできない。

 

自bンの才能のなさが嫌になる。

 

多分、脳の構造的に無理なんだろうな。あきらめて、今みたいに地道にやっていくか。

そもそもなんでデイトレをしたくなったんだっけ。

派手なトレードがしたいからか

 

私は、地味なトレードしかできないから、人が驚くようなアッというところでエントリーをしてちやほやされて自己顕示欲を満たし勝ったんだな。

 

私が相場を張る理由は金を増やすことと、発見した手法を再現性良く

執行し、優位性がある美しいものだと証明することにある。

 

一時の自己顕示欲に流されてはいけない。

「退屈」であっても今のままの方針で続けよう